国際恋愛で別れる原因や未練なく忘れる方法

国際恋愛には憧れるけど、
国際結婚までいくのは難しいと聞くから不安
なんていう方はいませんか。

別れの原因や失敗したときの考え方を知れば
もう国際恋愛は怖くなくなりますよ。

国際恋愛で別れるケースが非常に多い

国際恋愛はただでさえ
言葉や文化の違いがあり、
二人の間には乗り越えなければならない壁が
たくさん存在しています。

そのうえ遠距離や時差という
問題がのしかかるなど、
なかなか関係維持ができず、
別れに至るケースが多いのです。

日本人カップルと同じような
別れの原因もありますが、
国際恋愛ならではの別れの原因も存在しています。

別れてしまう原因

別れの原因の多くはコミュニケーションの違いや
価値観の違いにあるようです。
では国際恋愛ならではの別れの原因を紹介します。

1、コミュニケーションの違い

日本の女性に多いのが、
何か不満があった時に
黙り込んでしまうことです。

外国人彼氏が
「何かあった?」と聞いても、
「別に。」と何も話そうとしません。

この時、
日本の男性なら
状況を察し自分の行いを振り返って
彼女の気持ちを理解しようとします。

それが外国人の男性ではどうでしょうか。
人にもよると思いますが
「別に。」という言葉を聞いて
「な~んだ。なんでもないのか。」
と彼女の言葉を素直に受け取ってしまうでしょう。

平気で過ごしている外国人男性を見て
女性たちの怒りが
さらにエスカレートしてしまうことでしょう。
怒りや不満を態度で示していくかもしれません。

女性的には
男性が自分自身で何がだめだったのか気付いてほしい
ということなのですが
外国人男性からすると、
何を考えているのかよくわからない女性
面倒な女性と思われてしまうのです。


pairs3

外国人男性にわかってもらおう
と期待してはいけません。
日本のように察する文化が
どの国にでもあるわけではありません。

むしろ多く国では主張し合うことで
相互理解を深めていきます。
わかってほしいなら伝えることです。

国際恋愛中に
理解してもらう努力もしないで
わかってくれないと怒っていては
どうにもなりません。

思ったことを伝え合う
コュニケーションができなければ
お互いに疲れ、別れに至るでしょう。

2、不安

国際恋愛をしていると、
将来この人と結婚できるのか、
その際はどこに住むのかというような問題が付きまといます。
つまり先の予定が見えないことへの不安を感じます。

日本人は先先の予定を立てて、
計画を立てるのが大好きです。
というより、
目標を設定して、
そこに向けて計画し実行していきます。

そのため仕事でもなんでも時間を守れるし、
信頼してもらえるのです。
恋愛も同じです。

恋人との将来を真剣に考えていれば
先のことも気になるし、
結婚し相手の国に行くなんてことになれば、
仕事も辞めなければならない
とここまで考えるのです。

そんなときに
「将来、私たち結婚するの?」などど
深刻な質問を外国人パートナーにしてしまうのです。

一方、
外国人たちは先の予定はわからないという人が多いです。
週末でさえ、
予定を決めても急に予定が変わったり、
急に誘ってきたりする人も多いはずです。

まだわからない未来の約束をするよりも、
今これをしたい!今日○○に会いたい!
という今の気持ちを大切に生きていると感じます。

このように気軽に誘い合い
集まれることはとてもいいことだと思います。
羨ましいとさえ思います。

しかし、いざ自分の将来も関わってくるとなれば
楽観的には見ていられません。

この価値観の違いが埋められずに
お互い歩み寄る努力ができない時、
別れに至ることがあります。

遠距離恋愛に耐えられない

国際恋愛中のカップルは、
その多くが遠距離を経験しています。

ビザが切れてしまうとか、
滞在期間が終了するといったために、
遠距離恋愛になってしまうのですが

そのタイミングで結婚を決意したり、
長くその国に滞在しようと努力するカップルもいます。
しかし、どうしても遠距離恋愛を選択するしかない
という場合もよくあるでしょう。

遠距離恋愛中は相手が何をしているのか不安になったり、
連絡の頻度や将来への考え方の違いで
不満を抱えてしまうことが多くあります。

次に会う時期が決まっていない場合は
特に先のことがわからず不安が募るばかりです。

そのような
不安な気持ちや不満など
ネガティブな気持ちを相手にぶつけ、
暗い会話になってしまうとなると、

たまにしか取れない
二人の時間も全く楽しくありません。
それが毎回続けば、
会話をするのも億劫になってしまうのは当然のことです。

できるのであれば、
会話をする時間を楽しみに待っていたいですし、
相手にもそう思ってほしいです。

しかし遠距離が生み出す不安を
取り除くことができず、
別れに至る率が非常に多いというわけです。

どれだけ相手を信頼できるか、
また相手のためにどれだけ努力できるか
ということがポイントのようです。

決心がつかない

国際恋愛をしていると、
将来どこに住むのかという問題が出てきます。

日本で暮らす
相手の国で暮らす
第三国で暮らす
という3つの選択肢がありますが

第三国であれば、
お互いに外国人という立場でフェアな関係でいられます。
また第三国で生活をしているカップルは
もともと二人ともが別の理由で
その国に住んでいた可能性が高いです。

現地で恋愛に発展しそのまま結婚という場合が多く、
お互いに生活の基礎知識や語学ができるので
そこまで生活に対して
不安は持たない場合が多いと思います。

問題は、
日本で暮らす場合と相手の国で暮らす場合です。

日本の場合だと、
相手を呼び寄せる必要があります。
日本語ができない人であれば、
自分が外国人パートナーを養う覚悟で
二人の関係を進めていかなければなりません。

相手の人生に責任が持てるのかを
考えるとなかなか決心できません。

相手の国で暮らす場合、
自分が外国人となるわけです。
最初は常に人の助けにならないと生きていけません。

それ以上に自分の家族や友達のいないところで
0からのスタートを切らなければならず
孤独を感じてしまうことは見えています。

頼れるのは外国人パートナーのみという状況に
不安を感じてしまい、
一緒にいたいというよりも、
日本にいたいという気持ちが勝ってしまい
なかなか一緒に海を渡る決心ができません。

この二つの決心は
やはり二人がどれだけお互いを必要としているか
どれだけ信頼し合っているかがポイントだと思います。

国際恋愛には決心しなければならないことが多いので、
強い気持ちで繋がっていない場合は
決心を迫られたタイミングで別れてしまうことがとても多いです。

ただ言い換えれば
この決心ができる関係を築けていれば
二人の絆は固いと言えます。

スッキリ次の恋愛に進むには

国際恋愛が別れに終わってしまったのは
あなたのせいではなく、
二人の違いを知らなかったことが原因の一つです。

そしてもう一つが
お互いが一緒にいる努力ができなかった
=それまでの関係だったということです。

たとえ無理に一緒にいれたとしても
この先いいことはなかったと考えればいいのです。

経験を積み重ねれば国際恋愛の仕方がわかってくるものです。
自分自身の価値観も影響を受けて
変わっていくこともあるので
徐々に国際恋愛が快適になっていくこともあります。

絶対的な信頼を寄せられて
お互いのために努力できる相手ができたら
そのときは勇気を出して一歩進んでみるといいかもしれませんね。

別れを恐れず国際恋愛を楽しんでいきましょう。

*恋愛テクニック公開中*

元婚活パーティー運営者が

・恋愛テクニック
・婚活テクニック
・恋愛心理学
などなど

理想の異性をGETするために
活用できるノウハウや
経験などを配信していきます↓↓

友だち追加

 

*恋人を真剣にお探しの方*
迷ったらまずはコレという方法があります!
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓

>>記事の続きはこちらより<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。