婚活パーティーを賢く使いこなせ!

婚活パーティーを賢く使いこなせ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在36歳、一児の母です。

 

婚活パーティーに参加していたのは、22歳〜31歳までの彼氏がいない期間でした。

 

間が空きますが合計で4年位は参加していました。

 

 

 

きっかけは、職場の先輩に誘われたから。

 

ちなみに、二人の先輩のうち一人は彼氏がいて、

 

倦怠期の憂さ晴らしのようでした。

 

 

 

自分の結婚相手の条件をよく考えよう

私は、「25〜35歳限定!男性は社会人なら誰でもOK」というような

 

条件の高すぎない企画のパーティーに参加していました。

 

なぜなら、私の結婚相手の条件が「転勤しない人」だったからです。

 

 

 

収入より、身長より、地元にずっといる人!

 

キャリアのある人の方が転勤する確率が高い!と思っていたからです。

 

何よりも収入!という人は、初めから「年収500万以上、医者、弁護士限定」等の

 

エグゼクティブパーティーに参加した方が良いでしょうね。

 

 

 

ドレスコードがあるパーティーもありますし、


pairs3

 

綺麗な女性が好条件の男性を取り合うのは必須でしょうが…。

 

 

 

条件のゆるいパーティーの参加料金は、

 

女性がだいたい¥2000(オンライン予約で¥1500)

 

エグゼクティブパーティーなら、¥2500位です。

 

 

 

しかし、当時は倍位の金額のパーティーもありましたよ。

 

行きやすくなったものです。

 

 

 

男性の特徴を瞬時につかもう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティーによって異なりますが、だいたい20〜30人位の男性とお話をします。

 

一人一人と話す時間も人数によって異なりますが、だいたい一人2〜3分しかありません。

 

50対50の時は、一人一分でした…。覚えられないよ…。

 

一人ずつと話す時間はどのパーティーも一時間位で設定されています。

 

 

 

2分×30人で60分ですね。

 

さて、この2〜3分で、男性の特徴をつかみ、次の男性へと入れ替わる一瞬で、

 

予め渡されている紙に記入しなければいけません。

 

紙には番号がふってあります。

 

 

 

1番、メガネ、消防士。どの辺に住んでいるか

 

等と私は記入しておきました。

 

職業が特徴的な人なら、後から見ても分かりやすいですよね。

 

服装を書いておくと、フリータイムで確認できるのでさらに分かりやすくなります。

 

 

 

アリかナシか判断し、人が見ても分からない記号で書き込もう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性の特徴を書いたらその後ろに、アリかナシかを記入しましょう。

 

私は大いにアリ、アリ、まぁまぁで分け、その他の人は書かずにおきました。

 

ちなみに、☆に大いにアリ!の意味を持たせていました。

 

♪等でもいいですね。○や×だと、男性に見られた時に失礼です。

 

 

 

書いていると、後ろから次の男性がやってきて、見られてしまう事、結構あるんですよ。

 

気を付けましょう。

 

 

 

番号を間違えるな

もっての他なのは、番号を間違えて記入すること!

 

受験のマークシートと同じです。

 

1番の人から話始めるわけではないので、たまに間違えて書く人いるんです。

 

自分の番号が5番なら、だいたい隣にいる男性5番からお話を始め、最後に4番へと帰ってきます。

 

 

 

私の友達は、番号を一つずつ間違えて、

 

あろうことか、自分の思っていた人の隣の番号の人と、

 

カップルになってしまいました。

 

 

 

*恋愛テクニック公開中*

元婚活パーティー運営者が

・恋愛テクニック
・婚活テクニック
・恋愛心理学
などなど

理想の異性をGETするために
活用できるノウハウや
経験などを配信していきます↓↓

友だち追加

 

*恋人を真剣にお探しの方*
迷ったらまずはコレという方法があります!
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓

>>記事の続きはこちらより<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。